イタリアンの食前酒といえばスパークリングワイン

イタリアンは日本人が大好きな西洋料理のジャンルの一つです。

 

近頃はイタリアンでも高級からカジュアルなお店も選べますし、
イタリア料理をメインで提供している居酒屋も多くあります。
イタリアンが中心ではない、川崎の居酒屋で個室が素敵なお店でにも、イタリアン風のサラダやピザを食べることができるほどですので、イタリアンも日本の居酒屋の定番料理と言ってもよいのではないでしょうか。
そんなイタリア料理に合うお酒とは何でしょうか。

 

イタリア料理に合うお酒の代名詞といえばワインです。
イタリア料理は基本的には
前菜、メイン、デザートの順番に食事が提供されるのですが、
それに合わせて飲むお酒も変わります。

 

ワインにもいろいろな種類がありますが、
食前酒としておすすめなのがスプマンテです。

 

食前酒には食欲をそそる効果があり、
炭酸の入っている発砲ワインはその炭酸が胃腸を刺激してくれるので
食前酒として最適なのです。

 

発泡性のワインはスプマンテやシャンパンや
スパークリングワインと呼ばれることもあり、
その違いがよくわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

基本的にはどれも発泡性のワインであることに間違いありませんが、
産地によって呼び名が異なります。

 

炭酸が入っているワインでシャンパンと呼ぶことができるのは、
フランスのシャンパーニュ地方で生産されたものだけであり、
それ以外の産地で生産された発砲ワインに関してはシャンパンと呼んではいけないのです。

 

それ以外の産地で生産されたものはスパークリングワインやスプマンテと呼ばれます。

 

イタリア料理をおいしく食べるためにも、
食前酒にシャンパンやスパークリングワインを頼んでみるといいでしょう。
味は主に甘口や中辛、辛口とあり、色は白とロゼになりますので
好みに合わせて選んでみてください。