パンの食べ方やマナーについて

パンは家やレストランなどで食べることができますが、居酒屋にあるイタリアンとしても食べることができます。
普通の居酒屋でパンを食べている人はあまり見かけませんが、イタリアン居酒屋に行くとパンを食べている人をよく見かけます。
パンをそのまま食べている人もいればスープにつけて食べている人などもいますが、
イタリアンのパンを食べるときには食べ方やマナーがあるのを知っていますか?
食べ方を知らないと見っともなくて恥ずかしい思いをすることもありますので、
ここで説明する食べ方を知っておいてください。

 

パンはそのままかぶりついて食べるのではなく、パン皿の上で一口サイズにちぎって食べましょう。
パンのちぎった部分を相手に見えないようにするのもマナーとなります。
また、バターはちぎったパンの塗り口に運ぶのがマナーとされています。
パンをちぎらずにそのままバターを塗るのはマナー違反ですし、
ナイフでパンをカットするのもマナー違反なので気を付けましょう。

 

パンを食べているとテーブルにパンくずが落ちてしまうことがありますが、
決して恥ずかしいことではありませんので慌ててかき集めなくても良いです。
それと、イタリア料理では主菜のソースやスープにちぎったパンをつけて食べても良いとされており、
これは美味しい証としてお店側に捉えてもらえます。
しかし、スープに長時間浸すのはマナー違反になりますので軽く付けるだけにしましょう。
このようなパンの食べ方でイタリアンを気持ち良く食べてみてください。

 

 

http://yaesu-umaimon.com/