ブルスケッタとは

どの世界の料理も、初めは家庭で食べられることが前提として誕生してきました。
高級レストランなどで出される料理でもその元を辿ると家庭料理に辿りつくことが少なくありません。
一見華やかに見える料理の中にも、その時代を生き抜くための知恵や工夫が隠されているのです。
イタリアンのメニューでもパーティなどで提供されることが多いものといえばブルスケッタです。
ブルスケッタとは簡単にいうとオリーブオイルを塗って焼いたパンに様々な具材を乗せて食べる料理です。
パンは比較的小さく、二口くらいで食べきれてしまう大きさが一般的です。
パーティでは大皿に盛りつけた状態で出され、ワインを片手に談笑しながらブルスケッタを食べるという光景がよく見られます。
そんなブルスケッタは、もともと古くなったパンを処分するためにオリーブオイルを塗って焼いて食べたことが始まりといわれています。
現在ではこのような食べ方が世界中に広がり、レストランや家庭ごとに様々な味が生み出されているのです。
そのため、具材に関しての制限は特にありません。
トマトソースやチーズを乗せてピザのようにして食べるのも良いですし、ミニトマトやバジルでサラダ風味にしても美味しく食べられます。
あくまで一口サイズで食べられることが前提とされていますから、あまりにも厚くパンンを切らない方が良いでしょう。
古くなったパンを食べる方法ですから、バターやオリーブオイルを塗ることだけは忘れないでください。
ワインはもちろんのことビールやウィスキーといった様々なお酒に合うのもブルスケッタの魅力です。
イタリア風のパーティを楽しみたいという人はブルスケッタを用意してみてください。
ちなみに居酒屋でおすすめなのは隠れ家個室居酒屋 阿具楽-あぐら- 新潟駅前店というお店です。