イタリアンはチーズと共に

風味豊かなチーズは食欲をそそりますし、ワインにもよく合いますよね。
乳製品が身近になった昨今、チーズを口にする機会が増えているという人も多いと思います。
普段は意識していなくても、チーズはピザやパスタをはじめとした様々な料理に彩を添えているのです。

 

そんなチーズの本場といえばイタリアです。
イタリアンではメインからデザートまで数え切れないほどの料理でチーズが活用されており、チーズの種類も多岐に渡ります。
そこで今回は、イタリアを代表するチーズについて詳しく見ていきましょう。

 

イタリアンチーズの筆頭といえば、モッツァレラチーズです。
特徴は真っ白で蒲鉾のような見た目と滑らかな口当たり。
そして何よりも口の中で広がる重厚なコクです。

 

原産地はカンパーナ州で、水牛の乳を発酵させて作られています。
イタリアンワインと合わせるのであれば、赤ワインがおすすめです。
とろけるような甘口よりも、刺激の強い辛口の方がモッツァレラチーズのコクを引き立ててくれます。

 

ジュワッと染み出すモッツァレラの旨味をワインと共に堪能しましょう。
リコッタチーズは、イタリアンを代表するフレッシュチーズです。
フレッシュチーズとは発酵させた後に熟成させることなく販売したチーズのことを表します。

 

チーズ特有の香りは抑えられているで、あまりチーズが得意でないという人も受け入れやすいといえます。
リコッタの口当たりは非常に滑らかで、さっぱりとした後味が多くの人に指示されています。

 

サラダやフルーツと一緒に食べるのも良いしいですし、甘口ワインと合わせるのもおすすめです。
ユニークなチーズとワインで、イタリアンの醍醐味を心ゆくまで味わいましょう