イタリアのチーズを知ろう!

イタリアンレストランやイタリアン居酒屋で飲み会をする際、
やはり楽しみなのはイタリア料理です。
新宿の茜屋でも、メニューの一部にイタリアンを取り入れているんですよ。
美味しくおしゃれなイタリア料理を囲みながらの飲み会は、やっぱり楽しいですよね。
さて、そんなイタリア料理に欠かすことができない食材といえば、やはりチーズです。

 

イタリアにはチーズの種類が多くあり、
我々日本人の想像を遥かに超えるチーズ料理があるのです。
ここでは、そんなイタリアのチーズについての基本を紹介していきましょう。

 

●イタリアのチーズとは?
イタリアのチーズは、ワインと同様に地域のよって作られるものに違いがあります。
まず、北部では牛乳を使ったチーズがメインとなっています。

 

中部や南部では、山羊乳や水牛、羊乳などが使われています。
何と、イタリアでは300種類を超えるチーズがあると言われており、
その全てが厳しい法律で製造方法などで規定されています。
つまり、イタリアのチーズは、信頼・安心の食材ということなのです。

 

●ハードタイプチーズ
イタリアのチーズで有名なハードタイプチーズといえば、
パルミジャーノレッジャーノ、グラナ・パダーノです。
そのままはもちろん、パスタやピザなどに多く使われているので、
日本人にも馴染みが深いのではないでしょうか。

 

●ほかのチーズ
イタリアのチーズで他に有名なもの、といえばモッツァレラです。
こちらは、水牛の乳で作られたもので、もちもちとした食感が独特です。

 

さらに、マスカルポーネはティラミスにも使われるチーズということで、
イタリアンレストランでも多く見受けられます。
イタリアン居酒屋などに行けば、必ずチーズの盛り合わせなどが用意されています。
ぜひ、食べてみてくださいね。