本場イタリアのバルについて

日本でも最近、オシャレなイタリアンバルが人気です。
 

 

しかし、本場イタリアでは、バルはイタリア人にとって、欠かせない存在だと言えるでしょう。
イタリア人は、待ち合わせの前や、会議の後など、ちょっと時間が出来れば、バルに寄り、サッと1杯飲みます。

 

もちろん、仕事中や日中は、バルでお酒を飲むのではなく、飲むのはエスプレッソです。
イタリアではバルは、軽食が食べられるお店、カフェ、そしてお酒が飲めるお店を兼ねているのです。

 

イタリア人にとってバルは、日常生活の忙しさの中で、ホッと一息つく事が出来る、ブレイクタイムを楽しんでいるといえるでしょう。
では、そんな本場イタリアのバルの流儀について、紹介します。
バルでは、座って飲むのか、カウンターで飲むのかによって、料金が異なります。

 

そのため、注文をする際に、「座ってもいいですか?」と店員さんに一言声をかけておけば、注文に来てくれます。
カウンターで立って飲む場合は、カウンターの前にいるバリスタに、直接注文すればOKです。

 

そして軽食は、朝なら焼きたてのクロワッサンやペストリーも、ウィンドーに並んでいます。
このウィンドーから、好きなモノを選び、食べた後で、支払いは自己申告制となります。
ただし、お店によっては、先に会計を済ませてから、レシートをもらい、カウンターで注文するスタイルもあるので注意してください。

 

イタリア人は、夜はバルでお酒を飲みますが、この場合もブレイクタイムです。
さっと飲んで、家に帰って夕食を食べるのが、一般的なスタイルとなっています。
つまり、バルとは食前酒を飲む場所であり、日本の居酒屋のように、夕食と晩酌を楽しむというスタイルとは異なります。