イタリアンの食べ方とは?

最近、女性に人気のイタリアンのお店が増えていますが、居酒屋にもイタリアンメニューが増えています。
このイタリアンにはピザやパスタ、リゾットやスープなどがありますが、その多くはお洒落で美味しいでしょう。
ガーリックやオリーブオイルがたっぷりかかった良い香りや視界から入ってくる盛り付けが食欲をそそりますよね。

 

こうしたイタリアンを食べるときにマナーがあるなんて信じられないという人もいるでしょう。
しかし、イタリアンには食べ方やマナーがありますので知っておくと良いでしょう。
イタリアンを食べるときにフォークやナイフ、スプーンを使用することがあります。
ナイフを使用するものは基本的に切り分けながら食べるのが鉄則で、
先に細かく切ってしまうと美味しさが半減してマナー違反になります。

 

フォークを使って食べるイタリアンにバーニャカウダというイタリア・ピエモンテ州の家庭料理がありますが、
このバーニャカウダはアンチョビやオリーブオイルでできたディップソースに野菜を付けて食べます。
専用のバーニャカウダフォークを使って食べるのが上品な食べ方ですが、
手で野菜を持ってソースに付けて食べてもマナー違反ではありません。
ラザニアやリゾットはナイフで切ってスプーンではなくフォークですくって食べますし、
ニョッキは滑りやすいのでフォークで刺して食べてもマナー違反にはなりません。
このようにイタリアンの食べ方やマナーは様々ですが、居酒屋でイタリアンを食べるときでも気を付けたほうが良いでしょう。

 

赤坂周辺で優雅な個室で寛ぎたいですよね。