イタリアンの郷土料理

皆さんの地元でも、その土地の人たちの間で食べ継がれてきた郷土料理があると思います。
郷土料理は何よりも、地域の特色が色濃く出ている点が魅力といえます。
世界的に人気を誇るイタリアンにも、有名なものから珍しいメニューまで様々な郷土料理が存在するのです。

 

そこで今回は、イタリアン好きにぜひ食べていただきたい郷土料理をご紹介します。
有名どころとしては、ロマーニャ州のボロネーゼがおすすめです。
ミートソースによく似ていますが、よく観察すると違いは明らかです。

 

ボロネーゼは赤味が少なく、肉の旨味が凝縮された味わいに仕上がっています。
対してミートソースはトマトの酸味が強く、ドロドロとした食感が特徴です。
本場イタリアでは、様々なタイプのパスタにかけるソースとして親しまれています。

 

魚介の町であるイタリア南部のベネチアでは、シーフードをたっぷり使ったパスタが人気です。
その具材としてよく知られているのがイカ墨です。
パスタだけではなくリゾットにも利用されるほどポピュラーな食材となっています。

 

トマト風味のソースと絡められることが多く、魚介の深い味わいが市民から愛されているのです。
イタリア中部のシチリア州では、イタリアだけでなく様々な国の食文化が混在した地域といえます。
シチリアの家庭料理としてご紹介したいのが、アランチーニと呼ばれるコロッケです。

 

コロッケといえばジャガイモが定番ですが、アランチーニはお米に塩コショウやトマトを混ぜ合わせ、衣をつけて揚げています。
ホクホクとした食感が癖になるので、見かけた際はぜひ食べてみてください。
最近ではイタリアンを提供する飲食店も増えているので、郷土料理を目当てにこうしたお店をはしごするのもおすすめです。