パスタの食べ方やマナーについて

デートで居酒屋に行ってイタリアンを食べるときにパスタを注文して食べることがありますよね。
でも、恋人の前でパスタを食べるのはかなり勇気がいるのではないでしょうか?
フォークに巻きつけるのが難しかったりソースが飛び散ってしまうことがあるからです。
しかし、正しい食べ方でゆっくり食べれば失敗することはありませんので、
ここでパスタの正しい食べ方を知っておきましょう。

 

ロングパスタをフォークで食べる場合は基本的にスプーンは使用しません。
食べ方はフォークに少量のパスタを刺して巻きつけますが、
このときに大量のパスタを刺してしまうと巻くのが大変ですし、
一口で食べられなくなりますので気を付けましょう。
ショートパスタの場合はフォークの腹に乗せて食べますが、
乗せにくいときはフォークで刺してそのまま食べるだけでOKです。
深さがあるお皿の場合は右手にフォークを持って左手にスプーンを持ち、
スプーンで受けながらクルクル巻いて食べる方法でも良いでしょう。

 

それとソースは全部混ぜないで少しずつ絡ませながら食べるようにしましょう。
和食の麺類のようにすすって食べるのはマナー違反となりますので気を付けてください。
ボンゴレなどの貝殻があるパスタを食べる場合は手を使っても特に問題はありません。
右利きの場合は左で貝殻を抑え、右手にフォークを持って具をかき出します。
食べ終わった貝殻はお皿の隅っこや空いているお皿にまとめておきましょう。
このようなパスタの食べ方で美味しく食べてみてください。

 

パスタが美味しいお店、渋谷 チーズ|f (エフ) 渋谷店はこちらです。