ピザの食べ方やマナーについて

ピザやパスタなどで有名なイタリアンですが、居酒屋で美味しくいただくことができます。
行きつけの豊橋の居酒屋は美味しいイタリアンも多くておすすめです。
友人や同僚、上司や恋人などと食べに行くと思いますが、誰と行くときもマナーを守って食べたほうが良いでしょう。
そのほうが見ているほうも食べているほうも美味しくいただくことができます。

 

そして、ピザの食べ方にもマナーがあるのをご存知でしょうか?
ピザを食べるときはナイフやフォークを使ったり手で食べたりする食べ方があります。
ナイフとフォークで食べるときは、まずピザの中心から円の端に向けて小さな二等辺三角形を作るように切り、
その二等辺三角形を更に頂点の先端部分と残りの台形に切り分けます。
そこから一口サイズになったピザを先端のほうから食べます。
1カット食べ終わったら次は右回りで食べ進めるのがマナーになっていますので、
食べた右側のピザをお皿にとってから食べるようにしましょう。
また、食べるときに伸びたチーズはフォークで切ってピザに巻きつけるようにして食べるのが美しく見えて良いです。

 

イタリアではピザを手で食べる習慣はありませんが、ナイフやフォークを使うのが苦手な人は手で食べても大丈夫です。
しかし、焼きたてのピザはすごく熱いので素早く食べるのが良いでしょう。
素早く食べるのが急いで作ってアツアツのピザを運んでくれたお店へのマナーでもあります。
手を火傷しないようにできるだけナイフとフォークで食べるようにしましょう。
手で食べる場合は端っこを丸めるように持つと具を落とさないで食べることができます。