赤ワインに合う料理について

ワインには、赤ワインと白ワインがあり、それぞれ合う料理が変わってきます。
なんとなく、赤ワインにはお肉で、白ワインには魚というイメージがありますが、必ずしもそうとも限りません。
では、赤ワインは、どんな料理に合うのか、いくつか合う料理を紹介していきます。

 

まず、カプレーゼや生ハムメロンなどの、オードブルやブルスケッタに、赤ワインはよく合います。
またトマトソースで作るパスタやスープ、ラタトゥイユにも、トマトの酸味と赤ワインが相性抜群です。

 

チーズは、そのまま固形で食べても美味しいですが、チーズフォンデュで、熱々を食べるのも絶品で赤ワインとよく合います。
下準備をしておけば、各自でチーズをつけて楽しめるので、パーティには、ピッタリのメニューだと言えるでしょう。

 

そしてさらに意外なところでは、モツ鍋と赤ワインの組み合わせは、日本人好みの味つけです。
もともと、イタリアではなく、フランスになりますが、ワインの名産地であるボジョレー地区は、モツ料理が有名な地区です。

 

つまり、フランス人もモツと赤ワインの組み合わせを楽しんでいるわけです。
それなら、モツ鍋と赤ワインの組み合わせが、合うのも納得ですよね。

 

赤ワインは、イタリアン料理はもちろん、フレンチ料理、そして和食にも相性のいいお酒だと言えます。
ですが、和食は素材の味を生かし、魚介類を多く使用する料理という点では、イタリアン料理との類似点も多い料理です。

 

対して、中華料理は、味付けは濃く、脂っこい料理が多いので、さすがに赤ワインとは合わなさそう。
そう思う人も多いでしょう。

 

しかし、組み合わせ次第では、ワインと中華料理だって合うのです。
ただし、中華料理の濃厚さ、辛さ、甘さがあるソースには、赤ワインよりも、フルーティな白ワインの方が合うので注意してください。