リゾットはイタリア米で

イタリアンでお米といえば、リゾットですね。
日本でもイタリア料理の一つとしてよく知られているので、ご存知の方も大好きという方も多いと思います。
日本のイタリアンでは、きのこやチーズをメインにしたリゾットがよく見かけられますが、
お粥よりもしっかりとした味付けがしてあるので、食べ応えがあり、お粥とはまた違ったおいしさがあります。
でも、日本のお米を使っているお店も多いので、粘り気のあるリゾットになっている場合がけっこうあるのが少し残念です。

 

米といえば日本とアジア、というイメージが定着していますが、
イタリアでも稲作はさかんに行われています。
特にヨーロッパにおいては、生産量が第1位です。
ただし、イタリアで稲作が行われているのは北部のごくわずかな地域で、
日本のように全国どこでもというわけではありません。
そのため、イタリアでも南部に住む人たちは、あまり米を食べる文化はないようです。

 

日本で主に栽培されているジャポニカ種といわれる米は他の品種に比べるとかなり粒が小さく粘り気があります。
イタリアで一般的に食べられている米は、カルナローリ種と呼ばれ、
ジャポニカ種に比べると大粒で粘り気が少なく、リゾットにしたときに煮崩れを起こしにくいのが特徴です。
それぞれの地域によって栽培されている米に一番あう食べ方が伝わっていくので、
イタリアの米でリゾットを作るほうが、日本の米で作るよりおいしくできるのは、あたりまえといえます。

 

日本では農家への政策として米の輸入は難しいので、
イタリアの米を口にする機会はどうしても減ってしまうのですが、
やっぱりリゾットはイタリアの米で食べてみたいですね。
梅田で人気の個室 蔵之助