イタリアンサラダの作り方

イタリアンを提供するレストランや居酒屋を訪れたとき、いつも自分が食べているサラダとは味が全然違うと感じたことはありませんか?
イタリアンは長い歴史があり、その中で少しずつ自らのスタイルを確立させていった料理形式です。
今回は、そんなイタリアンのサラダをご家庭で作ってみたいという人のために、
簡単に作ることが出来るイタリアンサラダのレシピを見ていきましょう。
イタリアンサラダでは野菜以外にも様々な具材が使われます。
チーズもそうした具材の1つといえるでしょう。
イタリアンを代表するチーズであるモッツァレラチーズを大きめのサイコロ状に切ってください。
これよりも少し大きく野菜を切っていくのがポイントです。
ニンジンやジャガイモといった固めの食感の野菜と葉野菜を組み合わせます。
こうすることで一皿だけでいくつもの食感が楽しめるサラダに仕上がるのです。
野菜以外に用いる具材としては、魚介もイタリアンの中ではポピュラーな食材です。
魚介は旬のものを使うのがイタリア流です。
貝やホタテ、海老といった食材を食べやすい大きさに切り、ニンニクやオリーブオイルとともに炒めます。
こうして炒めたものをルッコラやトマトといった色の美しい野菜が乗ったお皿に盛りつければ完成です。
カルパッチョのように生の魚介を使ったサラダの場合でも、オリーブオイルは必ずかけましょう。
地中海の近くに住む人たちは、日本人と同様にタコを食べる習慣があります。

タコは生ではなく軽く茹でるのがポイントです。
ただし、茹ですぎてしまうと食感が固くなってしまうので注意してください。
柔らかく茹でたタコにセロリやキュウリといった固めの食感の野菜を合わせ、
オリーブオイルとドレッシングで味付けしてみましょう。

 

私がおすすめなのは萬屋というお店です。http://kichijoji-akari.com/