イタリアンワインはブドウに注目

料理やおつまみのお供として楽しむことが多いお酒ですが、皆さんはお酒を選ぶ際に何を基準にしているでしょうか?
値段やブランドはもちろん重要ですが、美味しいお酒を飲みたオときはぜひ原料に注意してみましょう。

 

イタリアンに欠かせないワインにおいても、ブドウがワインそのものの質を左右します。
そこで今回は、イタリアンワインでよく使われるブドウについて詳しく見ていきましょう。
赤ワインの原料となるブドウは、黒ブドウと呼ばれています。

 

赤というよりもベリーのような黒味が特徴で、これを皮ごと発酵させることで赤ワイン独特の色味が手に入るのです。
イタリアンワインで最もよく使われているのがサンジョベーゼと呼ばれる品種です。
口入れたときに広がる酸味と、喉から鼻に伝わる奥深い味わいが発酵する過程で強調されます。

 

値段の高低に拘わらず、幅広いワインで使われている黒ブドウなのです。
一方でトレッビアーノという品種の白ブドウは白ワインで用いられる品種です。
イタリアではカジュアルなワインに用いられることが多く、果実の香りとフレッシュな舌触りが人気を集めています。

 

ご紹介したようなブドウ以外にもイタリアンワインでは様々な品種が原料として使用されています。
赤ワイン用のブドウであれば、パルペーラやネッピオーロといった銘柄がサンジョベーゼに次いで有名です。
ブドウの配合や発酵、熟成の方法によってもワインの味は変わってきます。

 

イタリアは北部から南部の全ての州でワインを製造しているため、各州の代表的なワインを飲み比べてみるのもおすすめです。
ブドウの味わいを感じながらイタリアンワインをご堪能ください。